旅ゲラーの「あたし、旅に出たいの」

月1回は短期旅へ。年3回は長期旅へ。格安ツアー、高級ツアー、陸マイラー、空マイラー、なんでも駆使して旅にでる旅ゲラーの旅の話

【東京】【神奈川】大阪発東京ディズニーランド・横浜中華街2泊3日 交通・宿泊費を1人1万5千円で行ってくる旅 ④

③からの続きです。

さて、うまいことAirbnbで安く泊まれましたので、3日目から横浜観光になります。 

 

結構観光して疲れたりしたので、3日目はゆったりしたいと思い、

 

3日目(日):

朝:

 10.横浜スタジアムの雰囲気を味わう

→実は、民泊から中華街へ歩いていきましたが、通り掛けに横浜スタジアムへ。中にはもちろん入っていないですが、マスコットがいたり、グッズが売ってあったのを見てきました。

昼:

 11.中華街でテーブルバイキングでブランチ

横浜中華街 老舗 大珍楼 – 料理人好みの広東郷土料理銘店

→中華街は混んでくるので、早めについて早めに終えるのが吉でした!

おなかいっぱいまで食べたので、ちょっと一息しながら散策!

 12.山下公園をウォーキング

 13.シーバスで横浜駅までまったり風を感じる

 14.みなとみらいの海辺のカフェ でまったり( *´艸`)

ANNIVERSAIRE CAFE - アニヴェルセル カフェ

 

最後に、飛行機で帰ってきました(^^♪

かなり格安に旅行できた割には、あちこち行って、満足!

 

やはり、あちこち行く場合はホテルの選別が費用を左右しますね。

リゾートの場合はホテルをケチるとろくでもないのですが、こういう旅行の場合は、現地でけちけちできないので、交通費・宿泊費をどれだけ安くあげるかにかかっています。

かといって、ぼろぼろのところもいやですけどね

 

【舞鶴発】コスタネオロマンチカ6日間 釜山寄り道の日本海周遊クルーズに行ってきました⑩ 舞鶴から帰宅

※ 私が参加したのは、こちらのコスタネオロマンチカのBコース です。

最後、6日目。

実は、スーツケースの福岡の夜には預けないといけなくなるので、フォーマルナイトが終わったらすぐ、着替えてスーツケースに荷物を入れておく必要があります。面倒なので、スーツケースのピックアップをなしにしておらうという手もあるようです。

 

さて、最後の日ですが、昼間のイベントが6日間の中で一番多い気がします。船内でプールに入ることはなかったですが、プールがある甲板にいくと長めがいいのでまったりと歩いたり、日光浴をしていました。

※船内のプールはキッズが占領していました。入る気にもならないレベル。18歳以上しか使えないプールも関係なく占領されており、NOキッズのメンバーは利用しませんでした。しかし、子供連れのメンバーは、よく利用していたようです。

 

船内で一番お気に入りの場所で、座って電子書籍を読んでました。

そのお気に入りの場所というのが、有料のデザートがある場所で、ピアノやバイオリンの演奏などがたまに行われていました。広々としたソファがあり、そこに座っていました。

 

下船は、これも決まった時間の範囲が広く、ばらばらと下船していくため、特に込み合ったこともありませんでした。倉庫みたいな場所でスーツケースを受け取り、シャトルバスで駐車場まで行きます。

 

あとは、大阪へ帰るだけ!

当日京都で大文字焼きがあり、混んでないか心配でしたが、そんなこともなく、スムーズに帰宅できましたっ。

 

 

気になる体重ですが、なんと・・・5kg増えている。

これは・・・戻すのが大変だな・・・。

でも楽しかったのでいいかっ!

 

以上、コスタの体験レポートでした

 

【舞鶴発】コスタネオロマンチカ6日間 釜山寄り道の日本海周遊クルーズに行ってきました⑨ 福岡

※ 私が参加したのは、こちらのコスタネオロマンチカのBコース です。

5日目の福岡です。博多港ですね。

釜山から福岡の間に、韓国から日本への入国審査があり、これも船内で実施となります。

 

さて、博多というと、最近仕事で来たなぁ、、というところで、みんなで「ラーメンやな」ということで、博多ラーメンを食べに下船しました。博多に博多ラーメン食べるためだけに行くというぜいたくさ(笑)どっかの王族みたいだw

 

それにしても、博多港が一番大きい気がしますね。

 

博多の観光というか、グルメコースはこちら

1.博多 アミュプラザでタピオカ

大阪のグランフロントに最近オープンしたけど、混みすぎてて行けていなかったので、行ってみた。うん、あっさりしていて、うまい!!

2.博多駅でお土産

おみやげに、はかたの通りもん(わかりやすい)をかい、生きんつばというあまり見たことのないきんつばをゲット。これも立ち食い(笑)

3.そして名もなき博多ラーメン

最初、有名だといわれている博多ラーメンの一風堂?に行ってみたのですが、11時くらいでしたが、すでに長蛇の列。ラーメン大好きメンバーが「これは1hでは無理やな」というので、別のところへ。250円くらいの安い博多ラーメン屋さんを見つけ、ちょこっと並んでいる風だったのでそこで博多ラーメンを食べてみました。うまい!!

店を出るころには、長蛇の列・・・唖然としました( 一一)

 

博多のラーメンって、たかがラーメンにこんなに並ぶの・・・?

 

博多ラーメンを食べたら、おなかも満足、お土産もかったので、コスタへ帰宅しました。

 

さて、福岡が最後のナイトパーティです。最後のナイトパーティは、フォーマルナイトでした。つまり、ドレスをきたり、一番聞かざるパーティですね。

せっかくおめかししたので、ごたごたしていて敬遠していたレストランの方へ行っていました。

 

フォーマルナイトではスペシャルメニューが食べられるらしい。

そのスペシャルメニューとは、まさかのロブスター

ロブスターの半身でした。この日にレストランにいかなかったメンバー曰く、ロブスターはブッフェにはなかったそうだ。つまり、フォーマルナイトは、レストランに行った方がいいということがわかりましたっ( *´艸`)

 

「おぉ!!まじかっ!!これはいい!!」

 

フォーマルナイトは船内にカメラマンがたくさんいて、一緒に撮ってくれます。※有料で販売

おめかししているので、お見合い写真みたいになる(笑)

 

さて、イベントにちゃんと参加するのが初めてなので、イベント会場内をうろうろ。ダンスをしているところに出くわし、なぜかダンスを踊らされました(笑)

そのあと、ショーも堪能。深夜の23時くらいにおわり、そのあと、深夜ラーメンをたべることができる、というスケジュールです。

なんか、最後の最後でいろいろなイベントに遭遇できました!

【舞鶴発】コスタネオロマンチカ6日間 釜山寄り道の日本海周遊クルーズに行ってきました⑧ 釜山

※ 私が参加したのは、こちらのコスタネオロマンチカのBコース です。

さて、4日目。

ここで、寄港地が、国外の釜山となります。

 

釜山に行くとき、出国審査が必要になります。これが、船内で済ます形になるので、前日の境港から釜山の間に船に乗るときにコスタに預けていたパスポートを取りに行き、それ以降は自分管理になります。

釜山港についたら、当然ですが、入国審査が必要になります。釜山の場合は特にビザなどがいらないので、旅行前に何か手続きが必要なわけではなかったです。

釜山港からの入国審査ですが、コスタのような大型客船の場合は、ビートルなどの小型客船のような入国審査はいらないようで、「コスタ」の看板が置かれてあるので、そこを通過するだけでOKでした。(事前に部屋に税関申告書などが置かれていたので書いておいて、税関で提出するだけ)

ただ、ビートルなどで入国する人たちと同じところに降り立つので、そっちに並んでしまうと「こっちではない」と言われてしまうので注意。(無駄に並んでしまった)

 

コスタの下船から、釜山港国際旅客ターミナルへ横づけされたので、下船後一本道を歩いてすぐのところに到着します。

旅客ターミナルからは、日本国内と違い、無料のシャトルバスが出ています。バスに乗るとちょっとした地図ももらえます。

ただ、ちょっとシャトルバスの場所がわかりにくいです。タクシーなどの乗り場の奥の道沿いにあります。

 

とりあえず、記念に釜山におりましたが、特にやることもなく(笑)

 

ホットクがおいしいと書いてあったので、買い食いをしようという話になり、国際市場へシャトルバスで行き、シャトルバスから5分くらい歩いたところにSCBがあったので、そこで4人で2000円をウォンへ。

ホットクがおいしいという露店は結構並んでいて、韓国人の行列が押し合いへし合いしている状態でした・・・。

道を歩くなり並ぶなりしていると、韓国人のおばちゃんが押してきて何か怒っている様子でした。どうやら、道をゆずれ・列を抜かさせろということらしく・・・とりあえず睨み返しておいた。全員何回もそんな目にあったので「ここにいたくない」ということで、さっさと船に戻りました(笑)

釜山国際旅客ターミナルで、ポッキーの偽物っぽいもの等をコンビニで買い、あまったウォンでフードコートで冷麺とビビンバを食べてみました。

 

「まずい・・・」

 

フードコートのコリアンフードはびびるほど、まずいです。

 

さて、釜山のナイトパーティは、着物ナイトでした。せっかく持ってきたので、着物でうろうろしました。特に、着物を着てはいるものの、何か和風なイベントというわけではなく、いつものようにイタリア船のイタリアンスタッフによるイタリアンなラテンダンスが催されていました。みんな着物や甚平をきてるので、ちぐはぐ(笑)

【舞鶴発】コスタネオロマンチカ6日間 釜山寄り道の日本海周遊クルーズに行ってきました⑦ 境港

※ 私が参加したのは、こちらのコスタネオロマンチカのBコース です。

3日目の寄港地は境港です。実は、tabigeler。境港が初めて!!

クルーズで回るところが、ビジネスではなかなかいかないし、強いてそれほど多くの観光地があるわけでもないところなので、行ったことがない!( *´艸`)

 

金沢の時と同じように、朝ご飯を食べてまったりした後に、境港へGO!

実は、このコスタクルーズの寄港地の中で一番楽しみだったのが、境港。なぜかというと、当然ですが、

 

げげげがいるから!

f:id:tabigeller:20171003125338j:plain

 

こちらも、メンバーが4人のため、タクシーで行ってきました。タクシーのおじさんが、げげげの著者の話をしてくれました♪

 

目的地は水木しげるロードです。タクシーで10分くらいかな。結構近いです!w

 

水木しげるロードは、すごくコンパクトなのに、げげげのキャラクターがいっぱいですごい楽しいです(^^♪

 こちらも行ってきました。

 

境港・・・これだけのためにくるとなると、半日くらいなので、たいそうですが、クルーズで立ち寄るのは本当にちょうどいいです。

 

境港ということで、海鮮丼も堪能できました。

 

さて、半日ほど境港でうろうろした後は、船に戻ました。

 

ちょうど、部屋に届けられる冊子に、船内のスパの案内があったので、リラックスがてら、行ってきました。

有料で、1日券(30$くらいだったかな)や5日券等があります。

5日券はさすがに要らないかと思いましたが、1日スパでまったりするのは割といいです。

スパの中には、温水プール岩盤浴、ミストサウナ、などがあります。マッサージやエステは別途さらに有料です。

 

私が泊まった部屋は、シャワールームしかないので、温水プールがお風呂代わりになってリラックスできました。

その日は、船内のイベントには出ずに、スパでまったりとしていました。船内には子供が走り回っているエリアや中国人が騒いでる等あまりゆったりした雰囲気ではないのですが、スパ内であれば子どもがおらず、またイベント中は人がイベント側に行っているので、スパも比較的すいていてよかったです。

【舞鶴発】コスタネオロマンチカ6日間 釜山寄り道の日本海周遊クルーズに行ってきました⑥ 金沢

⑤からのつづきです

※ 私が参加したのは、こちらのコスタネオロマンチカのBコース です。

乗船2日目。金沢です。

舞鶴の夜は、イベントに参加するでもなく、ご飯食べて寝ただけでした。

 

舞鶴出航後、ナイトパーティなどが行われている間に金沢に向かいます。コスタでは、港を出航後、次の寄港地に向かっている間に、ナイトパーティや寝るということになります。

朝起きて、ご飯食べている間に、金沢港について、下船準備が整ったら、観光に行けるようになります。※別にいかなくてもいい

 

まぁせっかく金沢港に来たので、ちょっとだけ観光することにしました。クルーズの醍醐味は、あちこち行ってもあんまり疲れないことです♪

疲れたら、船まで帰ってきてぼーっとすればいいのです。まぁ、各地で半日観光する感じですね。

 

さて、私の場合、4人で行ったので、金沢港から観光地へはタクシーでいきました。バスは有料で(昔は無料だったそうです)、乗り放題などのチケットも買えますが、4人で半日観光するくらいだと、いつでも使えるタクシーでいいかな、と。

 

初の下船です。なんとも簡単に。コスタカードをぴっと機械に通して終わり。

 

下船後すぐのところに、バスもタクシーも待機していて、何の心配もなく利用できます。

 

各寄港地ですが、私はどこの港も行ったことがないので、スタンダードな観光へ行くことに。

 

私たちの金沢港からの観光コースです

1.兼六園

2.兼六園 名物料理 じぶそばを堪能

兼六亭 | 兼六園めぐり | 兼六園観光協会

じぶにを使ったそばを食べてみました。

治部煮?ってなに??って感じで食べてみたのですが、あまり食べたことない味で、「なかなか、うまいっっ!」( *´艸`)

うろうろして少し疲れたので、お座敷でリラックスできました。

3.金沢城

4.金沢名物 かき氷を堪能

和カフェ 金沢 つぼみ|本葛と本蕨 素材にこだわる、和スウィーツのお店

メンバーの一人が、テレビか何かで、「金沢のかき氷は氷が違うんだ氷が!」という発言で食べに行くことに。なんでも、氷に入ってしまう空気がほぼ入っていない氷を使っているらしい。しかし、結構~~~混んでる(笑)

まぁ、ほかにやることもないし、30分くらい待って入店しました。

「確かにうまい(^^♪」

 

半日歩き回って、それなりの疲労度になったので、かき氷を食べてから、タクシーで船にかえりました。

 

さて、帰ってからはしばらくだらだらと船の中ですごし、1つ船のお気に入りを発見!

船の中で無料で食べられる食事は、レストランでも、各ブッフェでも似たようなラインナップになっているようでした。レストランでは少し味付けや飾りを変える等している感じです。(ようは、飽きてきます。救いは、ものすごい種類があるってことでしょうか)

そんなラインナップの中、ランチのブッフェでおいしかったのが、

 

ハンバーガー チープな感じですごくシンプルなハンバーガ

・サーモンの炊き込みご飯 醤油の味付けが濃くてうまい!

ローストポーク なぜかサーモンの炊き込みご飯とよく合うw

 

そして、深夜限定のメニューですが(甲板近くの軽食とるところにある)、

・屋台ラーメン あまくちのシンプルな醤油ラーメン

【舞鶴発】コスタネオロマンチカ6日間 釜山寄り道の日本海周遊クルーズに行ってきました⑤ 舞鶴

④からのつづきです。

※ 私が参加したのは、こちらのコスタネオロマンチカのBコース です。

 

さて、今回から各寄港地でのお話をしたいと思います。

 

私の乗船地は、舞鶴港です。

 

乗船するときは、部屋グレードによって優先搭乗のようなものを行っていて、あなたは何時から何時まで、とチケットなどに書かれているのですが、実際は、船が出る最後の時間まで乗船可能です。

 

つまり、一番優先されるランクのお客様は、優先搭乗の時間から、一番ランクの低いお客様の最終搭乗時間まで搭乗可能ってことですね。

 

さて、クルーズ乗船のお客様は舞鶴港の駐車場は無料で利用できるため、私たちは大阪から車で舞鶴港まで行きました。乗船時間が広範囲なので、搭乗するときに待つということもなく、かなりスムーズに乗れました。

ただ、駐車場から乗船口までは荷物を持って歩くには遠いので、バスが数十分間隔で出ていますので、それを利用しましょう。

 

ちなみに、大阪から舞鶴というと、なかなか辺境まで来たな、という印象ですので、ついでに

日本三景天橋立

に寄ってから、舞鶴港へいきました。

 

 

舞鶴港天橋立のあるロープウェイまで1hかからないくらいなので、結構足を延ばしていますが、辺境へドライブついでです( *´艸`)

こんな機会もありませんからね!

 

しかし天橋立を堪能したあと、ロープウェイを降りると、突然のゲリラ豪雨に遭遇。

天橋立はきれいに見えたから、いっか(笑)

 

さて、舞鶴港へ行って乗船します。飛行機の搭乗のイメージでいましたが、そこまで厳格ではなく、人がばらばら、と倉庫みたいなところを通って、スタッフにパスポートやチケットを見せて終わり。かなりざっくりしとしたチェックですっとはいれます。

 

搭乗後は、案内人も誰もなく、勝手に部屋に行けという感じらしく、最初はそれすらもわからないので「え?この後どうしたらいいんだ???」とあたふたしました。

 

実際は、乗船したら、部屋に行きます。部屋は空いているので、勝手に入って、そこに、コスタカードが置かれていれば、扉を閉じて大丈夫(コスタカードがルームキーになります)。

 

しばし部屋がどんななのか調査した後、コスタカードを持って、クレジットカードの登録に行きます。(どこでやっているかは、コスタカードとともに案内の用紙にかいてある)

 

ここで、やっかいなのが、コスタカードへのクレジットカードの登録です。機械を使って認識させますが、これがなかなか認識しない代物で、窓口に列ができていました( 一一)

 

カードによって、通す向き・順番などが違うらしく、窓口のスタッフもなかなかできずにモタモタする始末。こういうのだけは手馴れている私は一人でメンバーが手続きが終わるのを待ってました(笑)

 

そのあとは時間まで船内を探検したりします。

 

案内用紙は毎日部屋に届けられるのですが、ここに「あなたの食事の時間は何時です、ここでとってください」と書いてあります。

 

指定の時間になったので、食事へGO。

すげー、長蛇の列( ;∀;)

しかも、スーツケースがまだ部屋に届いていないので、Tシャツ短パンのメンバーが「その恰好じゃレストランに入れないんだよ」と睨まれています。

スーツケースが部屋に届いていないと説明すると、嫌な顔は治りませんでしたが、しぶしぶ通してくれました。

 

膝が見えてるとダメなんだと。

 

食事は、すごい騒がしい中で、フルコースをメニュー表から選んで持ってきてもらいます。メニューに載っている料理はすべて無料で、すべて頼んでもOKです。(食べられない量になりますがw)

 

 

最後に、搭乗した日には、避難訓練が義務付けられており、ビービーとうるさい音とともに、部屋番号によって割り当てられた避難場所へ自力でいくという避難訓練が行われます。避難訓練の場所は、部屋に置かれている用紙などに書かれていて、それを読んでないと全然わからない。いや、むしろ読んでいてもさらっと読み過ごすレベル(笑)

ほかの船では1時間くらい拘束されるらしいのですが、私が乗ったコスタでは15分くらいですぐ解散しました。

 

終わったら、船内探検。

船内はそんなに広くないので、いくつかあるレストランやフィットネスクラブ、甲板への行き方をさっと覚えて、うろちょろしました。

 

甲板では、出航のパレードが毎日行われてました。(そんなに人がいない中、オーケストラやブラスバンドが手を振っているというシュールなものw)