旅ゲラーの「あたし、旅に出たいの」

月1回は短期旅へ。年3回は長期旅へ。格安ツアー、高級ツアー、陸マイラー、空マイラー、なんでも駆使して旅にでる旅ゲラーの旅の話

旅ゲラーのマイラー必要アイテム ① spg amexカード

こんにちは、旅ゲラーです(*'▽')

今回から、ちょこちょこ私が使っている旅人に必要なアイテムを紹介していこうと思います。

 

まず、旅ゲラーのマイラー必要アイテムの定義として、

1.お得にマイルを活用できる

2.お得にホテルを予約できる

3.お得にツアーの予約ができる

4.お得に現地の交通利用ができる

の4つのポイントでアイテムを厳選しています。

 

今回のspg amexはクレジットカードになります。

これにより、1と2のマイルの活用とホテルの予約をお得にすることができます。

 

しかし、このspg amexカードには、いくつか注意点があって、コスパと利用頻度などを天秤にかけて使うか使わないか確認してください。

 

特徴として、

(1)年会費31,000円+消費税

(2)毎年カードご継続毎、spg系列の無料宿泊特典が得られる

※マリオット、リッツカールトンと統合したのこれらも含まれる

(3)amexのゴールドカードに該当するので、spg系列ホテルの会員として、ゴールド会員の資格が得られる

※具体的には、部屋のアップグレードやエリート会員専用のホテル受付、レイトチェックアウトの利用等

(4)ポイントをほとんどの航空会社のマイレージ会員のマイレージにへ移行することができる

というものです。

 

このspg amexカードについては、以下のどれかに該当する人は間違いなくお得ですが、そうでない人は本当にお得かどうかを検討した方がいいです。

①国内で東京や大阪、京都など主要都市部に宿泊したい人

②フライトにおいて、ビジネスクラス以上をよく利用する

③ホテルは4つ星ホテル以上をよく利用する

④amexカードを1枚も持っていない

  

まず、大前提として、①を確認しましょう。

①国内で東京や大阪、京都など宿泊単価が高い都市部に宿泊したい人

spg amexカードでは、(1)年会費31,000円+消費税、(2)毎年カードご継続毎、spg系列の無料宿泊特典が得られるというこの2つが1つ損得を分ける内容となります。

無料宿泊特典は、5万ポイント以下の系列ホテルに無料で宿泊できるわけですが、この5万ポイントというのが、年会費とトントンになるのか、どうなのか?というと、2017年くらいまでは、1泊6万以上するセントレジス等も泊まれたのですが、現在は1泊1.5万~5万くらいのホテルに宿泊できると思ってください。ほとんどが、1.5~3万くらいまでになっていて、そもそも宿泊単価の高い京都や東京、大阪の一等地にあるホテルは、3万をちょっと上回るぐらいになります。残念ながら、国内のリゾートにあたる北海道や沖縄などは、ピークにならないとこういった一等地のホテルほどの値段には及びません(笑)

ここまで宿泊単価が、高くないホテルに狭められてしまうと、この特典だけでは「お得だ!」とは正直言いにくいというのが1つあります。

 

この①にあまり魅力がない場合は、②以下でコスパを考えてみてください。

 

②フライトにおいて、ビジネスクラス以上をよく利用する

spgのポイントは、ANAJAL、ユナイテッドやデルタ等の豊富な航空会社の各マイレージにポイント移行ができます。(大体1:1ではなく、比率的に増えます)

これは非常に優位で、例えば、アメリカやオーストラリアに行く場合は、ユナイテッドのマイルがお得にいける、とかハワイに行くならJALがお得、ヨーロッパならどこどこのマイルがお得、等航空会社によって、特典航空券との交換に必要なマイル数が違います。こういう時、じゃあハワイに行くからJALへポイント移行しよう、とかグアムに行くからユナイテッドにポイント移行しよう、とかすることができます。

ただし、spgのポイントは、普通にクレジットカードを使うだけだと、大した比率でポイントがたまらないので(マイレージプラスとかの方がよっぽどたまる)、セールの時にspgポイントを買っておいて、それをポイント移行して、特典航空券として利用します。

この時、エコノミークラスだとポイントを移行するよりも、買った方が安い場合がある・好きな日程で航空券を買える、と優位性が購入の方が高い場合が多いのです。

しかし、これがビジネスクラス以上になると話は変わってきて、圧倒的にポイント移行した方が安いです。

判断として、

安:エコノミーの購入<ポイント移行のビジネスクラスビジネスクラスの購入:高

となります。これがファーストクラスになると、さらにポイントの方が優位になってきます。

この方法はかなり優位といえますが、個人的には、ある程度の財力があるか・仕事で海外によく行く人などでないと、あまり①については優位性が高くないといわざるを得ません。

どちらにしても、一番安い方法で行きたい場合は、エコノミーを購入するか、もっとマイル変換率が優れているクレジットカードを使った方がいいです。

 

③ホテルは4つ星ホテル以上をよく利用する

(1)年会費31,000円+消費税、(2)毎年カードご継続毎、spg系列の無料宿泊特典が得られるの二つを加味したとします。この無料宿泊特典の価格帯が15,000付近が多いので、うまく予約できなかったことを考えて、別途15,000円以上のお得を手にしたいと私は考えています。

そうした場合に、spg会員のゴールドエリート会員特典が享受できる部屋のアップグレードなどがどの程度得られるのか、で損得が分かれてきます。

つまり、そんなに4つ星ホテルに泊まらないよ、という人はそもそも損するわけです。このアップグレードは、必ず受けられるわけではなく、その日、上のクラスの部屋が空いていたらアップグレードしてくれます。※ゴールドの上のプラチナ会員の場合は、スイートルームに至る全部屋クラスにアップグレードしてくれますが、ゴールドはクラブラウンジ未満(つまり、ラウンジは使えないクラス)までが対象となります。これも2017年まではラウンジ利用が可能だったのが、使えなくなりました。

 

例えば、ワイキキのマリオットで一番安い部屋(シティビュー)で1泊1部屋2.7万円として、当日泊まった部屋(オーシャンフロント)になると1泊1部屋3.6万円、にアップグレードされると、まぁ、1万円くらいお得になりますよね。ワイキキの場合は3泊以上はすると思うので、3万円以上はお得に泊まれていることになります。

つまり、リゾートがメインの国に年に1回くらいは旅行に行かれる方であれば、全然お得といえます。

spg、マリオット、リッツカールトン、と統合されてホテルの選択範囲が広がりましたので、より優位にカードを利用することができるようになります。

また、50泊以上(ハードルはなかなか高い思う)、等条件によってはゴールドからプラチナ会員になる場合、アップグレードが「スイートルーム」まで範囲が広がってくるため、かなりお得です。ラウンジも利用できるようになるためホテルライフが快適になるでしょう。ちなみに、デルタ航空ユナイテッド航空のプラチナも付随するため、ビジネスクラスの人などが使える空港の高い方のラウンジも利用できるようになります。

 

④amexカードを1枚も持っていない

さて、spg限定ではなく、amexの特典として、エクスペディアやホテルズ.com経由でホテル予約をすると、8%の割引が受けられます。

まぁ、これは、JCBやMasterCardで受けられる特典なので、このためにわざわざ持つ必要はないと思います。

しかし、①、②が少し当てはまり、かつモルディブなどの、spg系列のホテルが優位でない場所においては、見過ごせない条件かなと思います。

年間20万程度のホテル宿泊で、割引8%がお得かな、というイメージですね。

 

このspg amexカードのお得なお申し込み方法ですが、

1.amexカードをお持ちの知り合いがいたならば、その方から紹介してもらうと、紹介元(30,000ポイント)と紹介者(36,000ポイント+初回クリア30,000ポイント=66,000ポイント)が付与され、紹介者はハワイ往復(JALで4万マイル)以上のポイントが手に入ります。これが一番お得です。条件変わる可能性あるので、確認してくださいね。

一応、私の紹介URLをシェアしますので、どうぞご利用ください。心配でしたら、他の方法でもあります。

2.ハピタス経由ですと、自分に対してハピタスポイント(7000pt=大体7000円くらい)が付与され、かつ初回クリアで、30,000ポイントを取得できます。

これも、ハピタスの条件は変わる可能性があるので、確認してください。

3.spg amexカードURLから普通に申し込むと、初回クリアで30,000ポイントが取得できます

というのが大体の、お得な申し込み方でしょうかね。

【ハワイ】ハワイのインターネット事情 現地モバイルは wifiレンタルとsimカード どちらがよいか

こんにちは、旅ゲラーです。今回、ハワイの現地にて手持ちのスマホipad等のタブレットにインターネット接続する方法、モバイルwifi等の金額感、どれを選べばいいかなどについて書いていきたいと思います。

 

今回7泊、つまり、9日間で調査・実践した内容を踏まえつつ、いくつかお勧めしたいと思います。 

 

 

私の調査の結果、7泊9日くらいまでですと、安いレンジで、大体、2000円~5000円くらいで収まるかな、と思います。色々な旅行者がいるのでパターン別にお伝えしますね('◇')ゞ

 

また、ここで紹介するおすすめは、①価格 ②10日以内の旅行で必要な容量 ③現地の対応エリアがある程度カバーされていることを前提にお話しします。局所的で正直使えないだろっていうのは紹介していないのでご安心ください。

 

旅行にどれだけ慣れているか、ITにどれだけ慣れているかでパターン分けします。ハワイでは、現地空港で受け取れるwifiルータ、現地空港で安価で買えるSIMカードがありませんので、以下のようなパターンとしました。SIMカードを買うのにパスポートの提示が必要だったりする国があるので、現地空港で安く買えるSIMカードが一番コスパよしなんですけど、残念ながら、ハワイにはありません。(笑)

 

1.日本で準備する(旅行初心者向け)

 -1.ITに疎い人向け:wifルータを日本で借りて、日本で返すもの

 -2.ITに強い人向け:amazonSIMカードを買って、アクティベートするもの

2.現地でそろえる(旅行中級者以上向け)

 -1.ITに疎い人向け:wifiルータを日本で買って、現地で受取・返却する

 -2.ITに強い人向け:現地の通信系電気屋さんでsimカードを購入してアクティベートする   

 

事前に、一つお伝えすると、個人手配などではなく、旅行会社経由で観光される方々については、空港・ホテル・バスの中・ショッピングモールなど、空港とワイキキ周辺では、あまりネットに困らないので、到着・出発時は安心してください。

現地でレンタカー使って観光したり、少しニッチな場所へ個人手配で行かれる方々はあった方がいいかと思います。実際、バス到着時間の案内とか、ネット環境があればバス停で受け取ることもできます。

 

1.日本で準備する(旅行初心者向け)

 -1.ITに疎い人向け:wifルータを日本で借りて、日本で返すもの

ホノルルに行ったことがない、海外旅行も慣れていない方の中で、SIMカードって何?アクティベートって何??SIMロックって何???って方におすすめなのが、wifiレンタルです。

 

調べた中で最安なのが、

金額:日本出発~日本到着までの旅行日数 × 690円(1日700MB)

で、おすすめが アロハデータ です。

イモトのWiFi (1日980円/1日500MB)とか、グローバルwifi(1日970円/1日500MB)等あるのですが、価格はここが安いです。※似た容量で比較案内

例えば、3泊5日なら

アロハデータ:3450円 宅配受取返却無料 空港受取返却無料

イモトのWiFi:4900円 宅配受取返却500円 空港受取返却無料

グローバルwifi:4850円 宅配受取返却500円 空港受取返却無料

という感じで、日本出発・日本到着に期間に対して、1日いくら、なので、数百円で結構価格差が出ます。主要空港(取り扱いがない空港)でない場合や日本の出発・到着空港が違う場合などに自宅への宅配の手数料も気にしないといけません。

ちなみに、旅ゲラーは、7泊9日という期間なので、1日ごとの料金になるwifiレンタルは使用していないです。

 

1.日本で準備する(旅行初心者向け)

 -2.ITに強い人向け:amazonSIMカードを買って、アクティベートするもの

ホノルルに行ったことがない、海外旅行も慣れていない方の中で、いやいやwifiレンタルってそもそも高ないの?必要容量だけ買えたり、チャージできるSIMカードってないの?って方におすすめなのが、プリペイドSIMカードです。チャージ式は、結果的に割高だったので、容量固定のものをおすすめします。

アクティベートから、○日間というものなので日本でアクティベートすると、その日から〇日間となります。

 

アメリカの通信会社(docomoとかsoftbank,au的な)は主に4つあり、Verizon、AT&TT-Mobile、Sprintです。amazonで手に入りやすく安価なのが「T-Mobile」です。エリアや電波がよいが日本では手に入るSIMが少ないのが「AT&T」。Verizonは倍以上と高価(現地でも高価だがシェア1位です)・Sprintはシェアもエリアも狭く、手に入りにくいので、この2つはおすすめしません。

T-Mobileアメリカ以外の国でも利用が拡大できるような取り組みをしており、今後も買いやすくなると思います。

 

T-MobileのZIP SIM(旧ready sim) 7日間、14日間があります

3泊5日くらいなら、500MBでいいかと思いますが、レンタカー等で常時ネット環境につなぐなどといった用途がある場合は、1GBの方がいいかと思います。

プリペイドSIMは500MB使ったら終わり、というものなので、注意してください。(wifiルータのように、1日〇〇MBで超えると遅くなるという感じではないです)

7日間使えて、7日間で500MB対応

14日間使えて、14日間で1GB対応

 

AT&TMOST SIM  7日間しか見つけられなかった

7日間使えて、7日間で6GB対応

 

ちなみに、2-2では現地でAT&Tの30日間、2GBという中長期の旅行期間にいい感じのものが手に入りますので、こちらがいい方はチェケラ!(笑)

 

続く。

【大阪】大阪市内でホタル鑑賞 ① 無料 ビアテラスがある「太閤園」へ 5月中旬から6月末くらいまで

旅系のメルマガで「ホタル観賞」特集がありまして、

 

えー、いきたい!

でも、水がきれいな田舎にいくしかないんだろうなぁ・・・

そこまではなぁ・・・。

 

と思っていたのですが、調べてみたところ。

 

自然に生息しているホタルは市内にはいなさそうでしたが、なんと「放流」ならあるらしい。つまり、捕まえてきて、放しているホタル観賞はできるようだ、と。

 

放流型のホタル観賞は、実は大阪市内にもいくつかあって、その中でも、こんなところにいるんだ・・・という穴場っぽいところに行ってみた。

あんまり有名な場所だと殺到して混んでる可能性もあるし・・・と思いまして(*'▽')

 

それが、太閤園です。

駅でいうと、JR 東西線大阪城北詰駅、京阪京橋駅、地下鉄長堀鶴見緑地線京橋駅大阪ビジネスパーク、あたり。つまり京橋ですね。大阪城北詰駅は本当に近いです。

 

ちなみに、私は、夏だ、ダイエットだ、ウォーキングや!

と息巻いていたので、徒歩で行ってまいりましたが(笑)

 

この太閤園は、結婚式場としては知っていましたが、宴会とかレストランとか、まぁちょっと格式高いような感じの場所です。日本庭園とかがある完全なる和な場所です。

 

 

ホタル観賞は、毎年やっているようで、レストラン利用者とかしか無理なのかなぁ・・・?と思っていたのですが、なんと、ホタル観賞の期間は、ホタルを放流している日本庭園を無料開放している。とのこと

ちなみに、解放期間は、5月中旬から6月末くらいまでです。(2018年は5/18-6/24)

 

おーーーー!( ゚Д゚)

超近場で、かなりテンション上がるー!

 

一応、ご飯食べながら見れたりするのかな、と調べてみたところ、淀川亭というレストランのビアテラスで鑑賞できる様子?

 

まぁ、参考までに

太閤園のレストラン一覧

 

ちなみに、22時までやっているツワモノイベントであるということで、 仕事帰りの21時頃に何も持たずに身軽で行ってきました。

 

住宅地に大きな屋敷みたいなのがあって「え?入口どこや??」とぐるっと回る羽目になりましたが無事到着しました。入口などにはあまり人はいなかった。

 

「ホタル観賞・・・あんまり人気ないのか?」

 

と思いましたが、でっかい和風な門をくぐって、日本庭園のある奥に進んで進んで・・・しているうちに、時々人とすれ違う、そんなくらいでした。

 

「あ、やっぱりやってるのかな?」

 

と思っていると、ちかちかと、何か光っているものが通り過ぎ。

人も徐々に見えてきて、ホタルや!とテンション上がる私(笑)

 

 

きれいな日本庭園に人ひとり通れるくらいのちょっとした小道作られており、その奥に水を流したきれいな場所があります。

ここにホタルがおりました。ちょこちょこと。そんなにわっら~~~とはいません。でも、静かな落ち着いた場所で、喧騒もなく、水の流れる音が聞こえるところに、ちかっちかっとホタルが飛んでます。

ちなみに、人にとまるくらい近くを通っていきます。

 

地元の人たちがいるな、という印象くらいの人の数で、子供ずれ、カップル、ぶつかったりすることはないし、ホタルを間近でみるのもできるくらいの穴場でした。

 

ここは、ちょっと市内の中では結構おすすめです。すごく、きれいで、久々に感動しました。

【チケットレス】新幹線の移動はスマートEXとICカードのコンボがよい 任意のクレジットカード決済ができ、予約・変更が4分前まで対応

こんにちは! 週に1度、新幹線を使う旅ゲラーです( *´艸`)

旅しているわけではなく、普通に仕事だけど・・・( 一一)q

 

スマートイコカ(関西)という、自分指定のクレジットカードからチャージして利用できる交通系ICカードはご存知ですか?

 

もともとは現金チャージ式のイコカがあったのですが、これが発展して登録時に自分が指定したクレジットカードを利用して、機械からワンクリックでチャージできるというものです。

JR西日本系列に置いてある機械しかワンクリックチャージは使えないので注意してください。例えば、JR東日本で機械に通すと、クレジットカードからのチャージはできず、現金からのみのチャージになります。関西圏の地下鉄でも現金の身になります。JR西日本のみです。

 

これがいい、のは、決済するクレジットカードを指定できるところです。マイルなどをためている旅ゲラーとしては、決済は指定のものがいいわけです。

 

さて、そんな旅ゲラーですが、新幹線の発券について辟易としていました。週1の出張。時間もしっかり決まってあらかじめ予約できるわけでもない仕事なので、チケットレスがいい!

 

スマートEXというサービスはもともと既存で提供されていたサービスでJRが提供していました。あらかじめ会員登録しスマホアプリから4分前まで予約可能。

クレジットカード決済で、イコカなどのICカードにチケット情報が送られ、券売機に行かずに、改札を通れるというものです。夢のようです。最高です。

 

ただ、これが、なんと、J-WESTカードというクレジットカードからしか使えなかったのです。しかも有料(年間1000円だったけど)。

 

 

( ゚Д゚)はぁ???

 

 

って感じでした。チケットレスはJRにとってもメリットがあるはずなのに、有料にする意味がわかりませんでした。しかも、J-WESTカードというストイックビジネスマン以外には何のメリットもないクレジットカードを強制指定なんて・・・。

 

 

だからね、何もしなくてもぼろもうけのJRは嫌いなんだ*1

普及させる気あるのか!と。

 

 

が、なんと!!!!

 

 

これが、無料で任意のクレジットカードで使えるようになったのです!!!

 

 

一応、

1.年会費無料のスマートEX

2.年会費1000円のエクスプレス予約

の2種類にあります。エクスプレス予約はブラックアウトなしの会員価格で新幹線チケットが買えるというサービスですね。つまり、ゴールデンウィークや年末年始の繁忙期でも変わらないサービスが提供されるというものです。週1で新幹線に乗るくらいの利用頻度であれば。個人的には1でいいですね。

J-WESTカードについては、ようは、新幹線にたくさん載ると、ポイントでグリーン車にアップグレードできるよ、というカードです。新大阪ー東京間で3時間、常にグリーン車になるならともかく、たまになるくらいなら、高齢でない限りはあまりメリットないかな。という判断。

 

さて、このスマートEX。

無料なので、あまり使わない人も、ICカードをお持ちだったら使えるようにしておいてもいいと思います。

なぜかというと、4分前の予約に対して、変更もできるからです。

遅延などで窓口や発券機がものすごく混んでる時でもアプリから一瞬で変更できます(空いてれば)。まぁ、カフェで待ちながらとかでもできるわけです。

*1:+_+

【ハワイ】年末年始のハワイの過ごし方 ④ 年末年始のハワイ 2017/12/30-2018/1/6 7泊の旅行費用 観光内容と総額

こんにちは!

旅ゲラーは年末年始に7泊でハワイに行ってきましたが、その総額についてご案内しようかと思います。

いろいろとコツや割引を使っていった結果を金額ベースで報告します。のんびりするつもりだったので、ホテルも4つ星ホテルで旅行しています( *´艸`) 工夫すれば、半額以下で行けました!

 

1.航空券  117,440JPY

(1)スクート 往復 二人分

 

2.ホテル 1,679.93 USD / 178,638JPY

(1)12/30-1/3 4泊

ワイキキ ビーチ マリオット リゾート & スパ  パーシャルオーシャンビュー

(2)1/3-1/6 3拍

モアナ サーフライダー - ア ウェスティン リゾート & スパ  タワー・プレミア・オーシャン

7拍 二人分

 

ホテルの費用は、私がゴールド会員のため一番ランクの低い部屋の料金で上のランクの部屋に泊まっています。

また、それぞれベストレート保障の適用により、当時のエクスペディアの費用から25%オフトライに成功しています。

 

ホテルの費用を安くするコツとしては、いろいろなサイトで宿泊費用を比較して、そのホテルの本体(ここではマリオット、SPG)のサイトで申請を行って、申請が通ると安くなります。

この宿泊費用を比較するのがミソで、タイミングや時期によってとても安くなったり、まぁまぁで終わったりします。今回は結構成功しましたね( *´艸`)

また、申請が通らなかったとしても、こういう理由でこうではないか?とホテルとメールで交渉してください。そうすると、通りやすくなります。

なので、実際問題、手間は結構かかります。運も重要です。

 

部屋のアップグレートは空いている場合に適用されますので、年末年始の混んでいる時期は、中央ではなく少し離れたエリアになるマリオットをチョイスしています。ここは穴場でホテル自体も大きいし、意外と空いています。

1/3からぐっと観光客が減りますので(実際ワイキキビーチの人だかりがかなり減りまます)、一番泊まりたかったモアナサーフライダーは後半にチョイスしています。こちらも無事成功。

ちなみに、12月はクリスマスあたりからアメリカ人が多くなるので、年末年始の少し前だったとしても、日本人はいませんがアメリカ人が多いので、マリオット等離れたところをお勧めします。

 

3.現地移動費 空港ーホテル間 61USD / 6,411JPY

(1)空港送迎シャトルバス:ロバーツハワイ 26USD 行き

JALOALOカード割引利用 チップ込み 一人13USD

(2)チャータータクシー:HANAタクシー 35USD 帰り 

JCBカード割引利用 チップ込み 二人35USD

 

空港ホテル間の移動は、時間に余裕のある場合は、ウーバーかシャトルバスが安いと思います。スクートは帰りが朝9:35発なので、ウーバーはやめた方がいいかと思います。また、渋滞なども考慮して、シャトルバス(行きはマリオットまで1時間かかりました)よりチャータータクシーの方がリスクなしと判断しています。※ウーバーはアメリカ本土都心であれば、早朝でも捕まりますが、ハワイだと、日中で、4,5台しか動いている様子がありませんでした。朝はリスキーかと思います。

 

注意が必要なのは、ハワイの現地の人たちはチップ払いの悪い日本人相手にはあまり対応がよくありません。なので、直接お金のやり取りをせずに、どこかを経由して支払いを済ませた状態がスムーズです。

 

私の場合は、こういったサービスを使う際は、ネームカードや証明書(車においてある)をスマホで写真撮っておきます。何かあったら、経由した会社にトラブルの報告を行うためです。

 

4.現地観光 8,361JPY

・カイヴァリッジ・トレイル(ラニカイ・ピルボックス・トレイル)

移動:ザ・バス 2017年度 10USD / 一人5USD

・ココ・クレーター・サミット・オールド・レイルウェイ・トレイル

移動:ザ・バス 2018年度 11USD / 一人5.5USD

・ダイヤモンドヘッド

移動:JALOALOカード 二人で900円でゲット

・その他ホノルル市内観光

移動:JALOALOカード、JCBカード、アウトリガーコレクショントロリー

スタンドアップパドル 二人で50USD 一人25USD / 一時間

 

5.食事 3,5000JPY

・朝:ホテルビュッフェ付き

・おやつ、夕食等 一日二人で5000円程度

※実際はレストランで豪華だったり、ちょっとしたものだったりです。平均費用

 

6.お土産

・スーパーで現地のいろいろ買う 50USD

 

7.ホテルで120USDのギフト券をもらう(笑) 現地の支払いに使う

 

総額:338,494円 / 二人当たり (ギフト券で支払った分マイナスされてます)

 

一人当たり、17万くらいでした。

【ハワイ】年末年始のハワイの過ごし方 ③ 格安旅行券が取れた! スクートでホノルル出発から関空到着まで

どうも、年末年始をお安く、豪華ハワイ(言い過ぎ)で過ごした旅ゲラーです。

さて、今回、12/19運航開始のスクートというLCCで渡米しましたが、初物すぎてターミナルの情報がなかったため、早朝の車手配等、事前準備において、不安な思いをしました。

 

関空からホノルルまでの記事はこちらになりますので、行きについて知りたい方はこちらからどうぞ。

 

 

さて、帰りのホノルルから関空についてですが、

・チェックインカウンターでしかチェックインできない

・メインオーバーシーズターミナルで運行

となっています。

 

ホノルル発は、朝9:35発ということで、行きの時間帯と比べると混まないだろうと予想し、2時間前に空港に到着するように向かいました。実際は道路も空いていて、7時前にはついてました。

 

スクートのチェックインカウンターは6つ稼働しており、比較的並んでいましたが、すんなりとチェックイン終了。

手荷物検査と出国審査を行って、ゲート近くのラウンジについたのが、7:30頃でした。

 

ゲートは手荷物検査の場所から近く、バスもモノレールも乗りませんでしたので、出国審査が終わったら、ゲートへのアクセスはすぐです。

 

④へ続く

【ハワイ】年末年始のハワイの過ごし方 ② 格安旅行券が取れた! スクートの乗り心地 / 機内食はどうだったか

どうも、年末年始を安いのに豪華なハワイ旅行に行ってきた旅ゲラーですよ(^_-)-☆

 

こちらからの引き続き記事です。

 

年末の大忙しのタイミングで、無事関空を出発しましたが、初スクートに乗ってみた感想を書いていこうと思います。ちょっとオタクな話も交じっていますが、ご勘弁くださいまし。

 

まず、KIXからHNLまではスクートのTR700便、機体はB787-8というものでこれは、ANAJALで使わているもので、比較的長時間向けの広いシートが設置されている機体の1つです。

peachジェットスター等の、短時間4時間程度の場合は、もっとシートの狭い機体が採用されています。

 

なので、158センチの日本人普通サイズ女子、旅ゲラーとしては、全然窮屈ではなかったです。

 

さて、次に、長時間のフライトのお供に、座席前の小さい画面で映画などが見れるイメージですが、残念ながら、スクートには、液晶画面などは一切ありません。いわゆる、座席に設置されている画面もなければ、1区画にある大型の画面もありません。今どの辺にいるかなどの情報ですら全く見れません。

ipadを持ち込んで、有料のフライト内ネットを契約すると、映画などの動画配信サービスが利用可能です。特に契約しませんでしたが(笑)

 

そして、機内食

LCCなので、基本的に、追加で頼まないとそういったサービスはありません。ただ、機内への食べ物・飲み物の持ち込みは不可といったような案内が事前にあったので、物は試しで、機内食をつけてみました。

フライトアテンダントさんが、カラカラとカートを引いて、新幹線のような感じで、サービスしてくれます。そのサービスがを終わった後に、再度カートがやってきて、機内食頼んだよ!と申告し、チケットを見せて、サービスを受ける、という流れ。

 

既に頼んでるねんから、先に配っておくれよ・・・( ;∀;)

正直、最後のカートで提供されるので、遅いです。

しかも、機内食は全然美味しくない(笑)

 

これなら、機内食を事前に頼まずにカップラーメンを最初のカートで提供していたので、こちらにした方がいいです。味も機内食よりはいいし、高いけど安い、そして最初にサービスを受けられます。

 

総合的にみると、全然OK。価格帯とシートなど、とてもよいです。

 

LCCで注意が必要なのは1日に何便も飛んでいる場合、遅い便になればなるほど、遅れるということです。

スクートのホノルル行きは、

関空(19:25)ー>ホノルル(07:30)/月・火・土

関空(18:50)ー>ホノルル着07:00)/金

・ホノルル(09:35)ー>関空(14:00+1)

という感じで、今のところ、1日1便です。なので、今回も関空発は30分程度遅れましたが、雪崩式に遅れていくLCCのような惨状にはなりません。

 

年末年始とは言いませんが、今後もホノルル行きの主力になりそうです!

 

③へ続く